【大暑初候】〜桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)〜

二十四節気は『大暑

 

 

読んで字のごとく
一年で最も暑くなる時期。

 

 

二十四節気は
1年を春夏秋冬の4つの季節に分け
さらにそれを6つに分けたものです。

 

 

*********

 

 

七十二候は第三十四候
桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

 

 

桐の実がなりはじめる頃です。

 

 

2022年7月23日~7月27日

 

 

七十二候(しちじゅうにこう)は
移ろう細やかな季節です。

約5日ごとの
自然の変化を知ることで
きめ細かな季節の移り変わりを
感じることができます。

 

 

*********

 

 

☆開運のメッセージ

 

 

桐は、初夏に薄紫色の花を咲かせ
盛夏を迎える今頃
卵形の実を結びます。

 

 

古来より高貴な木とされ
家紋や紋章の意匠に
取り入れられてきました。

 

 

☆旬のメッセージ

 

 

この期間に
最も強いエネルギーを持つ旬のものは
開運活動に
欠かせないアイテムとなります。

 

 

(植物)

 

胡瓜(きゅうり)

水分が多く
 体を冷やしてくれる夏野菜。
(花言葉は、洒落) 

 

桐の花(きりのはな)

桐は古代より神聖な木とされ
500円玉の表に描かれている。
(花言葉は、高尚)

 

 

(魚)

 

雲丹(うに)

ウニは貝ではなく
ヒトデやナマコと同じ
「棘皮(きょくひ)動物」の仲間です。

 

 

(行事など)

 

花火大会

隅田川など。
大飢饉の死者を弔うためのものです。

 

 

季節の変化を感じ
旬を味わい
豊かな毎日をお過ごしください ^_^

 

 

—————————-

〜お家もあなたもポジティブに〜

開運と住まいの専門家

『こよみすと』辻佳子

http://hikarikk.jp/advice-yoshiko/

—————————–

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP